ブログ

【子育て】子育てにおける我が家の目標


先日、こんな会話がありました。

父:「子育ての目標ってなんだと思う?」

私はあまり深く考えておらず、「人と仲良くできることかな?」とか「人様に迷惑をかけないことかな?」とか色々考えていました。しかし、よく考えてみるとそれは目先の中間目標であって、最終目標ではないことに気がつきました。そこで今回は、「子育てにおける目標」について考えていきたいと思います。

我が家における子育ての目標は「自立」

その会話の後、二人で一致した子育てにおける最終目標は「自立すること」でした。自立には色々な「自立」が考えられます。

  • 親からの自立
  • 経済的な自立
  • 精神的な自立

などなど挙げだすとキリがありませんが、私は「現在の家庭からの自立」が大切だと考えています。

子どもはいずれ巣立っていきます。一人暮らしをし、就職し、結婚し家庭を持ち、子どもが生まれる。そして新たな家庭を築く。その時にいつまでも私たち夫婦の築く家庭の「一員」ではいけない、と思っているからです。「現在の家庭からの自立」にはそういう側面も含まれています。

「自立」するためには何が必要?

では自立するためには一体何が必要なのでしょうか?私は次の2つが必要だと思っています。

  1. 自分で選択することができるようになること
  2. 「自分にはどんなことでもできるんだ!」という気持ちを持っていること

自立するためには、なんでも自分で決めていかなくてはなりません。

どんな人と付き合うのか
今日着る服は何にするのか
ふりかけは何味がいいのか
どの本を読むのか
いつ寝るのか

何気なく生活している1日でも、私たちは多くの決断をしています。そこでいちいち「お母さん、どうしたらいいの?」と聞いているようでは自分の人生を選び、責任を持つことなんてできません。「自立」するとは自分の人生に責任を持つことです。そして小さな決断を1つ1つ積み重ねていくことです。

なので、我が家ではふりかけ1つ選ぶにも、その日着ていく洋服1つにしても自分で選ばせるようにしています。これから大きくなって「○○ちゃんと遊びに行ってもいい?」と聞かれても「自分で決めていいんだよ」と言えるようになっていきたいと思います。

私たちがいなくなっても生きていける人間に。

私たち親からしたら、子どもはいつまでたっても子どもに感じるかもしれません。私自身「あなたはいつまでたっても私たちの子どもだからね」と両親に言われました。でもその言葉にすごく違和感を感じたのです。

子どもはどんどん成長していきます。いずれ巣立っていきます。新しい家庭を築いていきます。そのためには親も子どもから自立していかなければならないのです。そう、親の私たちも少しずつ「自立」に向けて準備をしていかなければなりません。

「子ども達はいつかはこの家からいなくなる存在だ」
「私たちもいずれ夫婦2人の生活に戻るんだ」

と。お互い、依存してはいけないんです。一時的に困った時に助け合うことはあるかもしれませんが、それを当たり前だと思ってはいけない。そして親が慢性的に困った時、子どもに迷惑をかけてその子の人生を奪ってはいけない。そう思っています。

だから、子どもだけではなく親も「自立」していかなければならないんです。

親はいずれ子どもより先に旅立つ日が来ます。そして子どもにはまだまだ明るい将来が待っています。その子どもに残せるものとしたら「自立」して生活できることくらいな気がします。

子育ての目標は家庭によって様々ですが、夫婦、そして理解できるような年代になったら子どもも含めて共有しておくといいと思います。

 

最後に

  1. 我が家の子育て目標は「自立」です。
  2. 自立するためには1つ1つの選択をしていくことが必要。
  3. 子育ての目標は夫婦・子ども、みんなで共有することが大切!

 

子育てって正解も不正解もありませんよね。でも夫婦で目標を共有しておくことで、一緒に前に進める気がします。


関連記事