PR

絵本のある暮らし〜無理なく暮らしに取り入れる〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子育て中のお母さん。
お子さんに絵本を選ぶとき、どんな風に絵本を選んでいますか?

子どもが生まれてきたときは「よし!絵本の読み聞かせをしよう!!」と頑張っていても忙しい毎日に追われ、ついつい後回しに・・・

ではなぜ読み聞かせは続かないことが多いのでしょうか?

1.お母さん自身に本を読む習慣がない

まず一番最初にあげられるのが「お母さん自身に本を読む習慣がない」ということ。自分が本を読む習慣がないのに、一生懸命子どものために・・・と思って読んでいても苦痛に感じてしまう場合が多々あります。

人間って苦痛に感じると何事も続かないものですよね。

そこで読み聞かせが続かない!と困っているお母さんはまず、自分の興味のある本(ジャンルはなんでもOK!)を読んでみると本への抵抗が少なくなるかもしれません。

2.家にある絵本でマンネリ化し、親が飽きる

本は好きだけど、子ども向けの絵本って結末が見えていてなんだか飽きちゃう・・・そんなお母さんはいませんか?

そうなんです!読み聞かせが続かない大きな理由はマンネリ化。

月一冊は本を購入して読み聞かせをして、と頑張っていて子どももその絵本を気に入ってくれているけれど、自分が飽きちゃうんですよね。

そんなときは気分転換に図書館へ行ってみませんか?

3.本を買いに行く余裕がない

最後に、本を買いに行く余裕も図書館に本を選びに行く余裕もないお母さんへ。こんなサービスをご存知ですか?絵本ナビという、絵本の試し読みができるサービスがあります。

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

私自身、「絵本を選ぶなら立ち読みしてから!」と決めていたので、通販で絵本を買うという選択肢はありませんでした。しかし、絵本ナビは絵本の中を立ち読みできるので忙しいお母さんにはぴったりだと思います。

まだ年齢別におすすめの本を紹介しているので、どうやって選んだらいいかわからないお母さんにもおすすめです。

絵本のある暮らしは心を豊かにしてくれます。

しかし、それはお母さんとお子さんが楽しんで読んでこそ。焦らず無理せずぼちぼちと絵本のある暮らしをはじめてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*