【活動報告】第4回森で遊ぼう!森を探そう!(お絵かき)

2017年12月17日。「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・葉っぱでお絵かきをしよう!〜」を開催しました。

場所は身近な自然を感じることができる慈眼寺公園。参加者は11名、3歳〜50歳と幅広い年齢層の方にご参加いただきました。

この日は風も強く雲がかっていましたが、子どもたちは元気いっぱいでした。

イベント詳細

「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・葉っぱでお絵かきをしよう!〜」

日 時:2017年12月17日(日)9:00受付 9:30〜12:30
場 所:慈眼寺公園(鹿児島市下福元町3810)
定 員:20名程度
参加費:無料
講 師:吉岡敦之氏(森林インストラクター)

※このイベントは平成29年度森林環境税活用事業の助成を受けています。

1ヶ月前とは全然違う慈眼寺公園!

前回の森で遊ぼう!は1ヶ月前にも関わらず、慈眼寺公園の様子は一変。葉も落ち、一気に冬の寒さとなりました。

この日の最高気温は8℃。

みなさん防寒対策バッチリで参加いただきました。

「タラヨウ」って知ってる?

みなさん、「タラヨウ」という植物をご存知でしょうか?

葉の裏に傷をつけるとその部分が黒く変色してまるで鉛筆で絵を描いたかのようになる葉です。

この日使用した葉は手のひらよりちょっと大きいサイズ。

スタンプを使ったり、竹ぐしを使ったり、思い思いの方法でお絵かきしていきました。

寒さに負けず、お絵かきしました

この日は特に風も強く、寒さが心配されましたが、みなさん防寒対策をバッチリして来てくださったので、なんとか活動を続けることができました。

「足がさむーい!」「かじかんで絵が描けなーい!」

そんな声も聞こえて来ましたが、最後にはキットに入っていた画用紙いっぱいに夢中になって描いていました。

このタラヨウの葉、講師の吉岡さんが1ヶ月ほど前に取って来たものも一緒に持参してくれました。その葉ではお絵かきができなかったので、タラヨウでお絵かきする際は新鮮な葉でする方が良さそうです。

 

冬の森のワクワクもいっぱいあったよ!

子ども達は好奇心旺盛でどんどんいろんなものを吸収していきます。

それは記憶として残っていなくても感覚として体の中に刻まれていると思います。

落ち葉を踏む感覚。
一緒に自然を見つけたお友達。
見たこともないキノコ。
触った自然。

何もかもが子どもたちの成長にとって、プラスとなる経験だったでしょう。寒い季節なので、なかなか外に出るのが億劫だったり勇気がいったりしますが、たまにはあたたかくして外に飛び出してみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

 

次回の「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・自然のものでコマを作ろう!〜」は2018年1月7日です!皆様のご参加、お待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

イベント情報をいち早くお届け!

友だち追加

メディア情報

2017年8月 フレンズFM762 イブニングコール

ページ上部へ戻る