【活動報告】第3回森で遊ぼう!森を探そう!(木のつみき)

2017年11月19日。「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・木のつみきを作ろう!〜」を開催しました。

場所は身近な自然を感じることができる慈眼寺公園。参加者は30名、5ヶ月〜69歳と幅広い年齢層の方にご参加いただきました。

この日は天気にも恵まれ、絶好の自然散策日和となりました。

イベント詳細

「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・木のつみきを作ろう!〜」

日 時:2017年11月19日(日)9:00受付 9:30〜12:30
場 所:慈眼寺公園(鹿児島市下福元町3810)
定 員:20名程度
参加費:無料
講 師:吉岡敦之氏(森林インストラクター)

※このイベントは平成29年度森林環境税活用事業の助成を受けています。

すっかり秋になりました

前回の森で遊ぼう!は7月の開催でした。その時とは景色が一変し、秋の森を感じました。気温も一気に下がった当日。

今回はどんな秋の森のワクワクが見つけられるでしょうか?

まずは木のつみき作り!

「森を探そう!森で遊ぼう!」は主に乳幼児のお子さんが自然と触れ合う機会を増やすためにはじめた活動です。そのため、木材はあらかじめカットされたキットを使用し、やすりがけ・色付けをやってもらいました。

この日はとても気温が下がり、「さむーい!」という声も聞こえてきましたが、お父さんお母さんも含め、家族みんなで協力しながら木のつみきを作成していました。

そこで印象に残ったことがありました。ちらほらと「木の匂いがする」という声が聞こえてきたことです。

最近のおもちゃは安全にできていて、どこに行っても同じ商品が手に入ります。しかし、その作られたおもちゃは何十もの工程を経て私たちの元の届くものばかり。同じ木のおもちゃでも匂いが消えてしまうのはやむを得ないのかもしれません。

少しでも自分たちで作ったつみきは愛着もあるし、自然の匂いを感じることができる。それを感じていただけた時間でした。

秋といえば・・・どんぐり!

続いて自然散策。

秋といえば、なんとなく「どんぐり」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?

そのどんぐり。踏まないのが難しいくらい沢山落ちていて、中には芽を出しているものもありました。

途中、いろいろなものを子どもたちは発見していました。その度に「先生!これは何?」と森林インストラクターの吉岡氏に尋ねにいっていました。

大人も子どもも自然と遊ぼう!

子どもは大人の姿からいろんなことを学び取っていきます。つまり、私たち大人が、自然を大切にし、自然と触れ合い、自然を楽しむことを体で表現すれば子どもたちもきっと自然を好きになってくれるはずです。

子どもも大人も一緒に森を楽しめる。それが「森を探そう!森で遊ぼう!」。

 

次回の「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・葉っぱでお絵描きしよう!〜」は2017年12月17日です!皆様のご参加、お待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

イベント情報をいち早くお届け!

友だち追加

メディア情報

2017年8月 フレンズFM762 イブニングコール

トイロのカレンダー

ページ上部へ戻る