【活動報告】第5回森で遊ぼう!森を探そう!(ブンブンごま)

2018年1月7日。「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・自然のものでコマを作ろう!〜」を開催しました。

場所は身近な自然を感じることができる慈眼寺公園。参加者は14名、3歳〜69歳と幅広い年齢層の方にご参加いただきました。

この日は雲がかっていましたが、子どもたちは元気いっぱいでした。

イベント詳細

「森を探そう!森で遊ぼう!〜自然散策・自然のものでコマを作ろう!〜」

日 時:2018年1月7日(日)9:00受付 9:30〜12:30
場 所:慈眼寺公園(鹿児島市下福元町3810)
定 員:20名程度
参加費:無料
講 師:吉岡敦之氏(森林インストラクター)

※このイベントは平成29年度森林環境税活用事業の助成を受けています。

気温は低いけれど風がなかったので・・・

「意外に寒くない!」

そういって子どもたちは到着直後から走り回っていました。

どんぐりを見つけたり、遊具で遊んだり、大人のすることを見ていたり。

やっぱり子どもは好奇心旺盛です!

今回はお正月にちなんでブンブンごまを作りました!

ブンブンごまはタコ糸と木を輪切りにしたものに穴を開けて作成します。

まだ乳幼児の子どもたちにはノコギリとドリルは危ないので、今回はキットになったものを使用しました。

その木にみんなでヤスリをかけていきます。お父さんお母さんと協力して行なっていました。

そのあとは待ちに待った色ぬり!

大人も子どもも一緒になって、ブンブンごまにお絵描きします。手すりは子ども達でも痛くないように付いていました。

 

完成!いや、大人がはまってる!?

とうとう完成!

でも子どもたちは初めてブンブンごまを作ったようで、遊び方がいまいちわかりません・・・。

そこで、お父さんお母さんがお手本を見せることに・・・それが上手で上手で!!

一度動き出したらなかなか止まらないブンブンごまを見て、大人の方が楽しくなっちゃいました♪

冬の森のワクワクもいっぱいあったよ!

「美味しそうなのがありますよー」

吉岡さんが教えてくれたのは”ふゆいちご”。ほのかに甘みがして自然のデザートをいただきました。

「ただし、食べるかどうかはちゃんと先生の許可を取ってくださいね」

と注意もしながら。子どもたちもすぐに覚えたようで「あったよー!」「あれ食べられるー?」と必死に聞いていました。

途中野鳥の鳴き声や姿もちらほら。

澄んだ空気に鳴き声が響き渡っていました。

「どんな会話をしてたのかな?」

そんな声が聞こえてきました。

 

 

今年度の森を探そう!森で遊ぼう!は今回が最終日でした。5日間で96名ととてもたくさんの方にご参加いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。トイロでは来年度も自然と触れ合うイベントを企画していきたいと思っています。今後ともよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

イベント情報をいち早くお届け!

友だち追加

メディア情報

2017年8月 フレンズFM762 イブニングコール

ページ上部へ戻る